LV18


世界最先端のタクティカルギア


本年より始まった「Death To False~偽りに死を~」ブログシリーズ第2段はハイスペックバックパック「LV18」をご紹介させていただきます。


2019年の新作ラインとして5.11TACTICALから発表されたLVシリーズ。

ラインナップの商品名すべてに冠される「LV」とは「LOW-VIS」の略であり「目立たないこと」を究極まで追求した世界最先端のタクティカルギアです。


本来ブランドのロゴというのは製品保証だけに限らず、それを目立つように表示することで宣伝に活用できるということで、他社のブランドの殆どはロゴを目立つ位置に付けるということが当たり前になってきていると思います。

しかしながら5.11TACTICAL製品が警察やFBIなどの法執行機関に愛用されている事が広く知れ渡っているため、身分を明かさずに任務遂行をする隊員の安全を期するために、ブランドの象徴であるロゴマークまでもが隠せる(収納できる)仕様の製品を開発するに至ったのは、おそらく世界的にみても5.11TACTICALだけであるといえます。


2019年ラスベガスにおけるショットショーの中でも 米国の日常使いのものを探求することで知られるEverydaycarry.comにより多数の競合ひしめく中、5.11の新作LVシリーズが選ばれたのはその本物を開発するに至ったブランドメーカーの本気度が伝わったからであり、かつ日常使いをテーマにしたこのサイトで選ばれたのはオーバースペックがいかに日常使いにも余裕を持って使用できるかという意味の証であると言えます。

この余裕の幅が即ちフルスペックとオーバースペックの差であるとも言えます。

POLICE GEAR LOAD OUT

警察官の日々携行する装備品(想定)

拳銃や手錠・警棒・フラッシュライトなど重量のある物が多いため、高い耐久性が必要です。

5.11TACTICALのバックパックは任務に必要な装備品が収納でき、さらに有事の際に素早く対応する「即応性」が強く求められます。

FEATURED LV18

POLICE

Everyday Carry

最も容量の大きいメインコンパートメントにはノートPCを入れるためのスリーブがあり、衝撃から精密機器を守るためにクッション材が使用されています。

また、普段持ち歩く携行品を#56280 COVRT™ Small Insert#56434 HEXGRID INSERTにセットしておく事で、目的別にバッグを使い分ける際に、いちいち小物類を入れ替えることなく中身を一気に入れ替えることが可能となり非常に便利です。

2ND COMPARTMENT

メインコンパートメントに比べ容量は小さいですが、セカンドコンパートメントは浅いスリットポケットにサングラスなどを収納し、メインには書類やタオルなど薄手のものを入れるといった使用に適しています。

前面にはジッパー開閉のメッシュポケットが2カ所あり、モバイルバッテリーやケーブルが十分に入る容量です。

FRONT COMPARTMENT

フロントコンパートメントには様々なアタッチメントが取り付けられるMOLLEプラットフォームが配置され、ウェビングベルトではなくレーザーカットを採用することで軽量化を図っております。

警察官の携行品としてはすぐに取り出す必要のある警棒・手錠・フラッシュライト・バッジなどがポーチアタッチメントによりギアアップされます。

ポーチなどの拡張アタッチメントを取り付けるためのMOLLEプラットフォームですが、我々一般人が携行するペン・フラッシュライトなどを写真のように配置しても便利に使用いただけます。

5.11TACTICALバッグの多くに共通するキーホルダーも日常使用で地味に活躍してくれる機能です。

5.11 CCW 

【Concealment Carry Weapon】

5.11 CCW 【Concealment Carry Weapon】

Concealment Carry Weapon(=武器の秘匿携行)のためのCCWコンパートメントには、ハンドガンだけでなくホルスターごと収納できるようベルクロ調節式のストラップが取り付けられています。

他に予備弾倉・フラッシュライト・折り畳みナイフなどを入れられるようウェビングベルトが設けられます。

警察官などが携行する「銃」を「財布・スマートフォン・ID・定期券など」に置き換えることによって、我々一般人の日常には使わないものかのように思われていた「オーバースペック」の機能の便利さを体感そして実感することができ、日常の普段使いから事件や事故・災害などの非日常時にも備えることができるのです。

LOWER WEBBING STRAPS

フロントコンパートメント下部には2本のバックル式ウェビングベルトがあり、5.11TACTICALのLV6をサブバッグとして取り付けることができるようになっています。旅先などでは宿泊先にLV18を置いておき、買い物などにはLV6を携行する。といった使い分けができるようになっております。

もちろんアウターなども取り付けておくことも可能です。

FEATURED LV18 【backside】

ADDITIONAL GRAB HANDLES

強靭なナイロン生地のグラブハンドルは、負荷のかかるストレスポイントを徹底的に強化しており、警棒や手錠・銃などで重くなってしまっても安心して扱える耐久性を備えます。

また、カラビナなどを取り付けておけば登山時のグローブや、ちょっとした買い物時の袋などを下げることができます。

PADDED BACK PANEL

バックパネルはクッション性の高いパッドが装着されています。通気性をよくする為に表面はメッシュになっているのに加え、パッドの間にスリッド(隙間)を設ける事で熱気や湿気を逃がし、より通気性を高めています。

WATER BOTTLE POCKET

両サイドのウォーターボトルポケットはコンプレッションベルトで調節でき、500mlペットボトルや太めのウォーターボトルも携行できます。

CHEST STRAP

ショルダーストラップをつなぐチェストストラップは、使用者の体格に合わせた高さの調節が容易に行えます。

通勤などで中長時間背負う場合は、荷重により広がろうとするショルダーストラップをしっかりと固定してくれるので、体力の消耗を軽減します。

TUCKABLE LOGOS

ショルダーストラップとバッグ前面に配置される5.11TACTICALのブランドロゴが入った小さなタグは、必要とあらば収納し隠しておくことができます。

3 COLORS LINEUP

今回ご紹介させていただいた「LV18」は容量約29リットルで、通勤通学の普段使いから1~2泊程度の旅行まで幅広くご利用いただける製品でございます。

私どもが自分たちの知識、5.11TACTICALに直接聞いて判明したこと、調査してわかった事実、実際のもので検証して実感できたこと、なるべく事実関係をより簡潔にかつ要点は逃さないように限られたスペースの中でご紹介させていただきました。読まれた皆様にブランドが意図する思いと その時間を費やして開発、検証された機能の一端を 少しでもご理解いただけたら幸いにございます。

今後も不定期に「Death To False~偽りに死を~」ブログシリーズを行ってまいります。
他に何かもっと深く掘って欲しい商品とかのリクエストございましたらご遠慮なくお申し付けください。出来るだけご期待に添えるよう私ども一同張り切って全力でご紹介させていただきます。
LV18
¥28,875