Tactec Plate Carrier

脅威からの防護・加重への活用

どうも皆様。


記事をご覧くださり誠にありがとうございます。


さて、多くのお客様は弊社の陳列してる品で「これは何に使うんだろう?」と疑問を持つ商品があると思います。本日はその中でもずば抜けて使用用途がわかりにくいかと思われる「56100 Tactec Plate Carrier」をご紹介させていただきます。

こちらが56100 Tactec plate Carrierとなります。耐摩耗性に優れた500Dナイロンという素材で作り上げられております。ベストのように身体に装着して使用する商品です。最高のフィット感が感じられるようデザインされており、軽量さと機動性を兼ねそなえた高性能なプレートキャリアです。

日本ではなじみがないためイメージがつきにくいかもしれませんが、自らに脅威を及ぼす弾丸から体を守るために鎧として使用することができます。ちょうど胴体部分の急所を守る程度の布面積となっておりますので、重傷を負うリスクを少しでも低減することができます。

しかしながら、この商品自体には銃弾を防ぐ性能は持たされておりません。内部に銃弾を止める素材を挿入することで、初めて効果を発揮します。

上記の画像のように、危険をかえりみず使命や任務を果たすプロフェッショナルの命を守るために使われる商品です。


このような運用方法が56100 Tactec Plate Carrierの本来の使用方法といっても過言ではありません。

それでは、機能面を見ていきましょう。


前面は、レーザーカットされたマジックテープのメスの部分とナイロンのテープが縫い付けられた構造になっております。どちらもMOLLE(Modular Lightweight Load-carrying Equipment)という規格に対応した寸法で縫い付けやレーザーカットがされておりますので、上記右の写真のようにMOLLEに対応したポーチを拡張することが可能です。また、レーザーカットされたマジックテープのメスの部分はポーチを拡張する以外にも自分の好きなPATCHを装着するという事も可能です。

背面は、前面と同様にレーザーカットされたマジックテープのメスの部分とナイロンのテープが縫い付けられております。もちろんMOLLEの規格に対応しております。前面との違いはうなじの部分にドラッグハンドルという引っ張りだせる取っ手が付属しております。これは、負傷した仲間を安全な場所まで引きずってでも迅速に退避させるための取っ手となります。よく映画では担いで退避させるシーンをご覧になると思いますが、我が身に脅威を及ぼす者は、仲間を担ぎ上げる時に攻撃の手をやめてはくれません。1秒でも早く仲間も自分も退避せねばならないため、長めのハンドルを付けて引きずれるような仕様となっております。

装着具合を見ていきましょう。プレートキャリアで大切な要素に装着感というものがあります。身体と一体になる事で装備の重さを軽減し、揺れを抑えることにより行動の不快感を抑制することが可能です。その装着感を実現する為、おなかのバンドはがっしりとした強固な仕様となっており、さらにゴムの力によりより一層プレートキャリアが身体に密着します。

By the way...

さて、脅威から急所を防護する目的でプレートキャリアを紹介させていただきましたが、違った使い方をご提案させていただきます。

それは、加重ベストとしての活用です。

内部に重りとなる素材を挿入することにより、耐久性抜群、装着感抜群、見た目抜群の加重ベストとして活用ができます。一般的な運動用のウエイトベストを使用すると  身体の動きでベスト自体が暴れたり、縫い目がほつれたり、重りとなる素材の角が身体に食い込んだり、ショルダーパットが伸び切ってしまったり、最悪ちぎれたりして脱落も考えられます。脱落して重りとなる素材が脚の指に落ちてしまったときは目も当てられません。

このプレートキャリアはもともと防弾材を挿入し多数の装備品を装着することを前提としている商品になりますので、重りとなる素材の負荷程度ではへこたれることがなく、安定の密着間で走るときなどにも暴れたりはいたしません。

懸垂や腕立て伏せ、スクワットなどの動作でプレートキャリアが暴れないため、ストレスなくトレーニングの負荷を向上することができます。男性においては、上半身裸の状態で着用されている方もおりますが、素材はナイロン製のため擦過等が生じることがございます。上半身裸につきましては自己責任においてご着用ください。

自身の重さを活用したトレーニングの負荷を上げるために着用されることはもちろんですが、写真のように機材を活用した運動においても活用することができます。また、山や自然等の不整地のロケーションを利用することにより、足腰のトレーニングの負荷を増加させることも可能です。山や自然等を利用される場合は必ず安全に離脱できる程度でご利用ください。

How was it?

いかがでしたか?


ぱっと見は、脅威から自らの急所を守るための鎧にしか見えませんが、見方を変えると全く違う分野で活用できることをご紹介させていただきました。


防弾材を入れれば鎧として、重りとなる素材を入れると加重ベストとして活用できます。


もちろん、危険をかえりみず使命や任務を果たす方も鎧を加重ベストとして活用して自らの有事の時に備えてトレーニングをされている方もおられますが、そうでない方も日頃のトレーニングにこのような加重ベストを使用してみてはいかがでしょうか?


必ずあなたの身体を何かしらから守り変えてくれるべきものであると思っております。

TacTec™ Plate Carrier
¥36,575
GEO7 TacTec™ Plate Carrier
¥41,800
All Mission Plate Carrier
¥55,000

実際にトレーニングをしている姿をご覧になりたい方はこちらの記事もどうぞ


コメントを残す

コメントは承認され次第表示されます。