Product introduction 56701 LV10 2.0 SLING PACK

かつて一世を風靡したシリーズが2.0で凱旋

どうも皆様。


記事をご覧くださり誠にありがとうございます。


2019年のショットショーに姿を現し、一世を風靡したLV(low visibility)シリーズが遂に2.0となって凱旋しました。


5.11Tacticalが技術を結集して、低視認性でありながら、いかなる状況にも即応できるというコンセプトで生まれたこのバッグは、瞬く間に世の水面下に広まっていきました。その伝説といっても過言ではないLVシリーズがついに、1.0の問題点を見直し、より一層Always Be Readyを発揮できるよう進化いたしました。


このlow visibilityの波に乗り遅れぬよう、目立たぬよう、企図を秘匿し、この記事をご覧くださいませ。


この記事を読んでいるという企図が暴露すると、もしかすると「あいつ!LVシリーズのブログを見てやがる!」と周囲にバレるかもしれません。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

スタイル番号:56701

オブジェクトクラス:Safe

説明:

改良された LV10 2.0 Sling Pack を装備する準備が整いました。 すべての Duraflex® バックルは使いやすいように更新されているため、ためらうことなくこのギアを手に入れることができます。

このスリングパックを再設計して、取り外し可能なホルスター保持ストラップ、タブレット スリーブへの固定ストラップ、メインのクロスボディ ストラップへのクイック リリースを追加することで、最大限の汎用性を実現しました。


という説明になっております。


外見はLOW-VISIVILITY(目立ちにくい)をコンセプトに作り上げられたスリングパックではありますが、タクティカルな要素をもりもりにつぎ込み作り上げられ「日常携行品を運ぶにはオーバースペック」といっても過言ではないスリングパックです。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

外観に目立った変化を見つけにくいかもしれませんが、すべての Duraflex® バックルが見直し、更新されました。
手袋をしたままでも使いやすく設計されております。
カラーが変更で
Tarmac → Python
NightWatch → Turbulence
となりました。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

スリングパックが身体に当たる面についても大きな変更は施されておりませんが、メインとなるスリングバックルの機能が変更されLv10 1.0ではバイトバックルによる長さ調節機能のみでしたが、Lv10 2.0ではクイックリリース機能をメインとしたバックルに変更となっております。長さ調節機能の部分は蓋を開けて調節するタイプのバックルになっております。
補助スリングのバックルが手袋でも操作しやすいモデルのバックルにカスタムされております。



LV10 1.0は脱落がおきやすいC型の樹脂バックルで補助スリングの根元を止めておりましたが、LV10 2.0ではバックルを見直し、脱落しにくいタイプのバックルに変更されました。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

メインコンパートメントは仕様変更となりました。
Lv10 1.0はタブレット等を挿入できるスリーブにバンドが付いておりませんでしたが、LV10 2.0よりベルクロのバンドが新設されました。
また、縫い付けのポケットの幅も見直されております。
MOLLE対応のベルクロパネル及びメッシュポケットにつきましては同じとなっております。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

アイウェア等傷つけたくないものを収納するフリースポケットについては大きな変更点はございません。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

サブコンパートメントについても大きな変更点はございません。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

利き手を選ばないCCWポケットは、大きく変更となりました。LV10 1.0は中心に銃身保持用のベルクロバンドが縫い付けられているため、携行する火器が少々限定されるという点がございました。
LV10 2.0は銃身保持用のベルクロバンドも取りはずすことができるように変更されました。それにより、拳銃を必要とする任務からマシンピストルを必要する任務等ある程度の下記の大きさにフレキシブルに対応できるようになりました。弾倉の保持についてはFLEXポーチなどを使用して保持することが可能です。
もちろん、「拳銃もマシンピストルも必要ない!」といった方にも安心して使えるよう一面がベルクロのメスになっているため、フレックスフックアダプターなどを使用することによりご自由にカスタムすることができます。
銃身保持用のベルクロバンドは外すことは可能ではございますが、紛失をしないようにご注意ください。

56437 LV10 SLINGPACK

56701 LV10 2.0 SLINGPACK

素早く火器を取り出すためのホットプルシステムにも改良がくわえられました。LV10 2.0では使わないときはプルタブをたたむことができるようになりました。この改良により使わない側のプルタブがベルクロパネルに張り付いて邪魔になる事がなくなりました。

もちろん、LVの名を冠するシリーズのアイテムであるため、5.11のロゴを隠してしまう事も可能です。

5.11Tacticalというロゴが見つかるだけでも、任務に支障が出てしまう方にも安心の設計です。

いかがでしたか?


5.11Tacticalが技術を結集して、低視認性でありながら、いかなる状況にも即応できるというコンセプトで生まれたこのバッグは1.0の問題点を見直し、より一層Always Be Readyを発揮できるよう進化いたしました。


大変に人気のある商品ですので、少しでも「欲しい!」と思った方はお早めにご検討くださいませ。


ところで、冒頭にご説明いたしました「このlow visibilityの波に乗り遅れぬよう、目立たぬよう、企図を秘匿し、この記事をご覧くださいませ。」はお守りいただいておりますか?


この記事を読んだという企図が暴露してしまいますと「あいつ!LVシリーズを買う気だ!」と周りに察知されてしまいます。ぜひ、周りに察知される前に、目立たぬようシレっと、初めから持っていたかの如くこの商品をお手にしてみてくださいませ。


Sale Off
LV10 2.0 SLING PACK 10L
¥24,530



コメントを残す

コメントは承認され次第表示されます。