Product introduction 56567 RANGE READY TRAINER BAG

レンジバッグだけで

収まる器ではないギアバッグ

どうも皆様。


記事をご覧くださり誠にありがとうございます。


長らく期間が開いてしまい誠に申し訳ございません。


この度8月の入荷で新商品をかなり入荷させていただいたところではございますが、どの商品も魅力をお伝えし切れていない現状でございました。


少しずつではございますが、そういった商品達の魅力をお伝えできたらと思い、執筆させていただきましたので、お時間がございましたら暇つぶし程度にご覧くださいませ。

56567 RANGE READY TRAINER BAG



スタイル番号:56567

オブジェクトクラス:SAFE

説明:

Range Ready Trainer Bagには、1日の範囲で必要なものすべてを収納できるスペースがあります。 ギアを安全に保つためにPEボードベースが完全に埋め込まれ、取り外し可能な仕切りでバッグをカスタマイズできます。

内部のクイックアクセスできる弾性を備えたマグ及びアクセサリパネル、蓋の下の弾性ループがあなたの動きを阻害することはないでしょう。そしてそれはちょうどいいサイズのメインコンパートメントです。 3つのサイドコンパートメントとMOLLEウェビングにより、さらに多くのことが可能になります。


という説明になっており、本来は射撃場などに活用するバッグというコンセプトになっております。しかし射撃場専用のバッグとしてしまうにはあまりにも勿体ないバッグなため、今回はこのバッグを掘り下げていきましょう。

耐久性のある全天候型600Dポリエステルで作られたこのバッグは、強度抜群は当然のことでPEボードが入っているためカバン自体が自立します。側面には縫い付けのサブコンパートメントが1つ、裏面には2つ縫い付けられております。一方の側面はMOLLEプラットフォームになっているため、ポーチ類を拡張することや、大人気のHARD POINTシリーズのカラビナ、ライトマーカー2を付けて視認性を上げることも可能です。

ベルクロスペースもたっぷりとついているため、ライトバー1で視認性を上げても良し、お好きなパッチでドレスアップしても良しです。

正面のファスナーは南京錠を用いて施錠することが可能なファスナーになっているため、悪意を持った者からのアクセスを最低限度に阻むことができます。

メインコンパートメントには、H型の仕切りにより4分割されております。この仕切り板はベルクロになっているため取りはずすことが可能です。

収納物の種類や大きさにより中のレイアウトを好きなようにカスタムすることができます。旅行であれば衣類やアメニティ等、カメラマンであればカメラ本体とレンズ・手入れ道具等、キャンパーならばクッカーやコンロ等々、ご自身が入れたいものに応じて付け替えてください。


蓋の裏にはゴムバンドが縫い付けられているため、この蓋の裏のゴムバンドにはイヤホンのなくしやすいものや、充電ケーブルなどの絡まりやすいものなどを通して収納することができます。射撃場バッグとしてお使いいただくならば、クリック修正具やドライバーなどがいいかもしれません。



メインコンパートメントの前面の収納スペースはゴムバンドが縫い付けられているため本来であれば自動小銃の弾倉と拳銃の弾倉を収納することが可能です。

しかし、普段から自動小銃の弾倉を携行している人は少ないと思われます。自動小銃の弾倉はやや厚みがあり扁平なサイズ感のものです。その形にちかいと言えば…そうです!モバイルバッテリーやPCのACアダプターなどがございます。

側面の一方はMOLLEプラットフォームです。
FLEXシリーズのポーチを装着して更に収納スペースを拡張することはもちろん、HARD POINTシリーズのカラビナをぶら下げて何か小物をぶら下げることやライトマーカー2を装着することで視認性を高くすることもできます。
もう一方の側面は縫い付けのサブコンパートメントとなっております。
内部にはゴムバンドが縫い付けられているため、ここにも自動小銃用の弾倉を収納することができます。しかし、普段から自動小銃の弾倉を携行している人は少ないと思われます。自動小銃の弾倉はやや厚みがあり扁平なサイズ感のものです。その形にちかいと言えば…そうです!フラッシュライトやマルチツールなどの日常携行品等を入れておくのにいいかもしれません。
サブコンパートメントについているベルクロパネルについてはネームテープを貼ることができます。
メインコンパートメントにアクセスできる面の反対側の部分は、四角いサブコンパートメントが縫い付けられております。
こちらは、中にゴムバンドなどが縫い付けられたりなどはしておりません。
下げ手で持ち運ぶことも可能で、肩掛け用の負い紐は必要に応じて外すことができます。

肩掛け用の負い紐の根元にはAMP10やLV6、2バンガーなどにお馴染みのパーツを使用しております。必要に応じて肩掛け用の負い紐をお使いください。

※ちなみに、LV6や2バンガー等を無理やりつなぐことも可能ですが、目的外使用のため補償対象外の自己責任とさせていただきます。

いかがでしょうか?


本来であれば、射撃場用に作られたカバンにはなっておりますが、その汎用性の良さ、拡張性の良さ、50Lという容量の多さをみると、射撃場専用カバンとしておくには勿体ないバッグです。


メインコンパートメントの仕切りの自由度は求める使い方であらゆる使用方法に対応することができ、サブコンパートメントやゴムバンドを活用することで入れ組品を整理し、なくしやすいものを適切に管理することもできます。


射撃でお使いはもちろんですが、任務や仕事・旅行・キャンプなどのアウトドア・エアソフトゲーム等様々な用途に対応することができます。


ギアバッグをあれこれ持ってしまって両手がふさがってしまうのであれば、是非このバッグを手にとってください。


必ずや貴方のニーズに応じてくれることでしょう。


¥29,700



コメントを残す

コメントは承認され次第表示されます。